So-net無料ブログ作成

ぶっちのこと [のらにゃんこたち]

ぶっち、手術前に声をかけていただき、
里親さんが決まって、手術の当日になりました。
そのときに、ちょっと皮膚がガサガサしているところがあり、
先生にはみてもらうことになっていましたが、
そのガサガサは、不幸にも「疥癬」でした。
これは、動物間だけでなく、ヒトにも感染するもので
しかも感染力が強いということです。
感染してしまった動物のお世話にも注意が必要になります。
里親さんのお宅には高齢者の方がいらっしゃるので、
来るのをとても楽しみにしてくださっていましたが、
ぶっちをもらっていただくことはやめにしました。

疥癬は、治療すれば一時は治るそうですが、
ただ、動物側に抵抗力や免疫がさがるとまた発症の可能性もあり、
そういう時に、すぐに病院に連れて行くなど
ぶっちの面倒を十分見られる方がいればいいのですが、
なかなかむずかしそうでした。
我が家も高齢の犬猫がいるので、感染したときの危険もあり
ほかですぐに見つかる保証がないので、リリースすることにしました。
ただ、ぶっちと同じ場所にごはんを食べにくる子もいるので、
引き続き、駆虫はやっていくつもりです。

s-DSC_3481.jpg
補助金申請用(耳カット後)


それとぶっち、手術していなかったにもかかわらず
欠落か、未成熟か判断できなかったそうですが、
先天的に子宮と卵巣がありませんでした。
先生も初めてのことだとおっしゃっていました。
病弱なのかしら?って先生に言ったら
「ねこだから化けるかも…。」ですって。
臓器が足らないから病弱ってわけでもなさそうです。

どちらにしても、予後はmimiさんのところでしばらく預かってもらいます。
これからもぶっちのことは見守っていきますから
どうぞご安心くださいね。


し~ちゃんをポチっとな。いつも応援ありがとう♪

地域猫ランキング

nice!(2)  コメント(0)